本文へ

ばね指について

横浜市南区弘明寺町の皆さん

おはようございます。弘明寺整骨院です。

今回のテーマは『ばね指』についてです。

腱鞘炎やバネ指は、手を使うことが多いかたなら、だれもが起こす可能性のある指の障害です。バネ指というのは、わかりやすくいえば、腱鞘炎がひどくなったものです。腱鞘炎も、バネ指も、主な原因は指の使いすぎです。

医師に診てもらうほどひどい症状ではないものの、「指が痛い」「指がしびれる」「指がこわばる」といった症状に、日常的に悩まされている人は意外に多いものです。指の障害は、原因が使いすぎとわかっていても、日常生活や仕事では、指を使わないわけにもいきません。このため、指の痛みやしびれをごまかし、ごまかし、生活している人が多いでしょう。近年はスマホによる親指の使い過ぎが原因の腱鞘炎が増えてきています。

◎原因

更年期の女性に多く、妊娠出産期の女性にも多く生じます。手の使いすぎやスポーツや指を良く使う仕事の人にも多いのも特徴です。糖尿病、リウマチ、透析患者にもよく発生します。母指(親指)、中指に多く、環指、小指、示指にもよくみられます。

◎病態

指の使いすぎによる負荷のため、動かすたびに摩擦のために炎症が進み、腱鞘が肥厚したり、腱が肥大し、通過障害を起こすために一層症状が悪化します。

◎治療

腱鞘炎の主な治療方法としては、安静にすること。
それでも痛みが続くようであれば注射をすることです。
しかし、日常生活で指を使わず生活するのはとても難しいですし、注射を打って楽になってもまた使い続けると痛みを繰り返してしまいます。
このように、対処はできてもなかなか完治せず諦めてしまう方が多くおられます。

しっかり原因を根本から取り除かなければ完治しません。
本当の腱鞘炎の原因は、指を動かしている筋肉です。筋肉を使い過ぎると筋肉の血流が低下し、筋肉にしこりができます。それが痛みの引き金となるトリガーポイントと言われるものです。
弘明寺整骨院では、トリガーポイントを根本的に取り除いていき、また全身調整をすることで症状を繰り返さない状態までしっかり治療します。

本日も最後までお読みいただきありがとうございます。

院情報・地図

院名

弘明寺整骨院

所在地

神奈川県横浜市南区弘明寺町134

受付時間

営業時間

予約について

完全予約制

地図

弘明寺整骨院への地図

地図

さらに詳しい道順を見る

※地図ページに移動します。